美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 美白化粧品の成分を徹底分析 » ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体

このページでは、定番の美白成分・ビタミンC誘導体について詳細を調べています。

美白化粧品の定番成分・ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体についてリサーチする前に、まずビタミンC本来の美肌効果を知っておきましょう。

ビタミンCの万能な美肌効果

  • すみれメラニン色素生成を抑制…シミ発生の抑止/改善が期待できる
  • 紫外線ダメージ抑制…活性酸素を分解
  • シワ・ニキビ改善…コラーゲンの合成を促進し、過剰な皮脂分泌も抑える
  • 肌のターンオーバー促進…きめ細やかな肌を維持する

いかがでしょうか?ビタミンCが美しい肌にとって、とても重要な成分であることがわかりますね。

しかし、ビタミンCには大きな弱点があります。空気に触れると破壊されてしまうのです。
その脆い特性は、長らく化粧品メーカーを悩ませ続けてきました。そこに登場したのが、ビタミンC誘導体なのです。

ビタミンCの美肌パワーをそのままに人口改良

ビタミンC誘導体は「肌から取り込む」ことを前提に、人工的に改良されたビタミンCです。
ビタミンCが本来持っている弱点を、以下のようなかたちで克服しています。

  • 空気に触れても壊れない
  • 肌のバリア機能を通過し、内部へと吸収される、高い浸透性を持つ

これならビタミンCに本来期待したい美肌効果を、充分実感できそうです。

ちなみに、ビタミンCは多くの野菜や果物に含まれています。しかし美肌効果を発揮させるためには、1日あたり1000mg以上の摂取が必要。これは厚生労働省の定める1日の摂取推奨量の10倍に値します。やはり基礎化粧品からその美肌パワーを取り込むのが、最善と言えそうですね。

テクスチャーの違いで特徴にも差が出る

ビタミンC誘導体は、化粧水やゲルなど、さまざまな基礎化粧品に配合されています。
そのテクスチャーにより、特徴にも差が出ていますので、注目を。

  形態 特徴 成分表示名
水溶性 ・化粧水
・美容液
即効性が高い ・リン酸型ビタミンC
・アスコルビン酸グルコシド
・アスコルビルエチル
油溶性 ・ゲル
・クリーム
持続時間が長い
(約24時間)
・テトラヘキシルデカン酸
アスコビル
・ステアリン酸アスコビル
水+油 ・さまざまな化粧品
・美容皮膚科も採用
浸透性が極めて高い ・アスコルビン酸-
2リン酸-
6パルミチン酸(APPS)

いかがでしょうか?成分表示にも注目し、より自分の望む効能を発揮する商品を選ぶようにしてください。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング