美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 肌を白くしたい人必見!美白を妨げる原因 » 寝不足

寝不足

このページでは、肌荒れの大きな要因となる、睡眠不足について検証しています。

深刻な肌荒れを招く睡眠不足

よく眠らなかった日は、朝から頭も身体もうまく働きません。睡眠不足が心身に良くない影響を及ぼすのは、誰にでも体感的にわかる事実ですが、肌にはどんな悪影響があるのでしょうか?

■睡眠不足が肌に及ぼす悪影響

  • ターンオーバーが乱れる
  • シミやニキビを発生しやすくなる
  • 肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなる
  • 血流が乱れ、クマが発生しやすくなる

睡眠不足睡眠不足により、肌トラブルが発生しやすくなる最大の理由は、成長ホルモンの分泌を妨げるから。身体の新陳代謝に重要な役割を果たす成長ホルモンにしっかり働いてもらうため、睡眠は重要なのです。

また睡眠中は心身共にリラックスした状態ですので、副交感神経が優勢となり、血流も増加しています。このため就寝前に施したスキンケアの栄養分が、肌のすみずみにまで行き渡りやすくなっています。睡眠不足では、せっかく高価なアイテムを使用していても効果が半減してしまうので、要注意です。

肌荒れを遠ざける質の良い睡眠とは

それでは次に、肌に良い影響を与える睡眠について、考えてみましょう。

【肌に良い睡眠の基本】

  • 睡眠時間は7~8時間確保するのが、理想的
  • ターンオーバーが活発に行われる入眠3~4時間の間に、深い睡眠をとることが大切

いかがでしょうか?残念ながら、人体は「寝だめ」ができませんので、日頃から充分な睡眠時間をとるのが、美肌の秘訣と言えます。

また美容雑誌などで「肌のターンオーバーのゴールデンタイムは午後10時~午前2時」という記載をよく見かけますが、22時就寝を実現するのはなかなか難しいもの。無理して早寝するより、入眠後の数時間に「質の良い眠り」が実現できるよう、リラックスできる就寝環境づくりを心がけましょう。

「仕事が忙しくて、毎日8時間も眠れないのよ!」。そんな声も聞こえてきそうですね。多忙で睡眠不足が続くようなら、意識的にサプリメントで栄養分を摂取するのもおすすめです。
特にビタミンCとコラーゲンは、肌のターンオーバー補助が期待できますので、積極的に取り入れてみてください。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング