美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 肌を白くしたい人必見!美白を妨げる原因 » ストレス

ストレス

このページでは、美肌の大敵・ストレスについて調べています。肌トラブルを招く、ストレスフルな生活習慣とは?

美肌の妨げ!ストレスと生活習慣

苦悩する人肌に影響を与えるストレスは、外的/内的の2種類に大別されます。外的ストレスとは、紫外線や汚れ。こちらはセルフスキンケアで対応していくことが可能です。本ページでは主に、内的ストレスとその対策について考えていきましょう。

「内的なストレス」とひと口に言っても、体内の各所で起きる問題や弊害など、その要因は多岐にわたります。中でも、肌トラブルの温床として真っ先に挙げられるのが「活性酸素」。この活性酸素を過剰に発生させないためにも、日頃の生活習慣からスキンケアを始めていきましょう。

■体内に活性酸素を発生させる要因や生活習慣

  • 心的ストレス(人間関係や仕事上のトラブル、お金の問題などの、心理的な圧迫)
  • 睡眠不足など不規則な生活
  • 食生活の乱れ
  • 疲労や過剰な運動

上記のような要因・生活習慣が重なると、体内に活性酸素が大量に発生することになります。活性酸素は細胞を酸化させるため、肌にも深刻な影響が出てきます。

■活性酸素によって生じる肌トラブル

  • メラニン生成が過剰になり、シミ・そばかすができやすくなる
  • シワやたるみなどの肌老化が促進される
  • 肌のターンオーバーが正常に行われなくなる

美肌を守るためには、活性酸素を過剰に発生させないための対策が必要です。

活性酸素対策の具体例

活性酸素は本来、体内にウィルスを侵入させにくくするなど、外敵から身体を守る性質の持ち主です。肝心なのは、過剰発生させないこと。以下に対策の具体例を見ていきましょう。

【ストレスを軽減させる生活習慣】

  • バランスの取れた食生活…抗酸化作用の高いビタミンE、ポリフェノールなどを含む食品を取り入れる。
  • 十分な睡眠…質の高い睡眠のために、就寝1時間前からリラックスする工夫を。
  • 適度な運動…心や頭にエネルギーを費やして心的ストレスを溜めないよう、軽い運動やストレッチ、マッサージなど、気分転換になる程度の運動を。

ストレスによる肌荒れは、スキンケアの力だけでは解決できない場合があります。
こうした活性酸素の過剰発生以外にも、ホルモンバランスの乱れや肌バリア機能の低下を招くことがあるので、早め早めの対策が大切!

自分に合うストレス解消法を探し、実践するよう、心がけてくださいね。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング