美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 肌を白くしたい人必見!美白を妨げる原因 » 紫外線

紫外線

このページでは、美肌の大敵・紫外線について調べています。シミの原因ともなる、肌への影響力とは?

シミの原因に…紫外線の肌への影響

太陽光に含まれる紫外線が、美白肌の大きな障害になることは、よく知られています。その悪影響の代表例を見てみましょう。

紫外線■紫外線による肌への悪影響

1.シミやそばかすの原因に

紫外線を浴びると、肌の表皮内部でメラニン色素生成が活発化します。
それ自体は防衛反応なのですが、過剰に生成されたメラニン色素は、
酵素の影響で黒色化。
シミやそばかすの原因となってしまうのです。

2.光老化

長年にわたって紫外線を浴び続けることで、シワの発生や肌弾力の低下が促進されます。
加齢による老化に比べ、深いシワが刻まれたり、硬い肌になるなどの特徴があります。

紫外線は、UVBUVAの2つに大きく分けられます。

UVBは、1.のシミやソバカスの原因に。主に表皮に作用し、メラニン生成を促進します。

UVAは、2.の光老化につながる紫外線。雲や窓ガラスも通過し、真皮に到達してしまうので、注意が必要です。

いずれも美白肌の大敵ですので、対策はしっかりと立てていく必要がありますね。

どれも有効!紫外線対策の具体例

太陽光自体は健康体にとって欠かせない要素なので、肌への悪影響だけを上手に避けることが肝心です。
以下の具体例を見ていきましょう。

【予防策】

  • 日焼け止めを塗る
  • ハイドロキノンなど、有効な美白成分を含む美白化粧品を使用する
  • 外出の際は日傘を差す、肌の露出を極力避ける、UVガード手袋をする

【食生活にも注目】

ビタミンの摂取は、日焼けの予防/改善対策に効果があります。

  • ビタミンC…メラニン色素の生成を抑え、光老化予防もサポート
  • ビタミンE…高い抗酸化力
  • ビタミンA…抗酸化作用が強く、コラーゲンの生成もサポート

上記のビタミンを豊富に含む食物の代表例が、トマト。
紫外線が気になる時期は、積極的に食べるようにしましょう。

【ついつい日焼けしてしまったら】

夏の行楽に日焼けはつきもの。あまり気にしすぎると、せっかくの楽しみを逃してしまいます。
でもうっかり日焼けのケアは、その日のうちにしっかりと!

  1. 日焼けが気になる箇所を、おしぼりなどで冷やす。
  2. いつもより低刺激な基礎化粧品をあらかじめ準備。日焼け後はしばらく使用し、
    状態が改善されたらいつものケアに戻る。

美白は一日して成らず。細やかな紫外線ケアで、肌の好調をキープしていきましょう!

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング