美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » お肌の救世主!ハイドロキノンの効果

お肌の救世主!ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、「シミ」「そばかす」「肝斑(かんぱん)」「にきび跡」など、あきらめかけていたお肌の悩みから解放してくれる、魔法のような美白成分です。

ハイドロキノンってどんな成分?

顔を触るオンナハイドロキノンはベリー類や麦芽などに含まれる天然の成分ですが、化粧品などに含まれるものは「フェノール」という物質を酸化させ、生成された人工成分です。

もともとは写真の現像に活用されていた成分なのですが、現場に従事する人の肌が白くなったことから、美白作用が注目されるようになりました。

ハイドロキノンは、アメリカで比較的早い段階から基礎化粧品に配合され、シミやくすみに有効な成分として、支持されてきました。ここ日本では長らく医師の管理下でしか使用が許諾されていませんでしたが、2001年の薬事法改正の際、化粧品への配合が可能になったという経緯があります。

このため知名度はまだ高くない美容成分ですが、その美白効果に注目して、損はありません。

その美白効果のメカニズム

OK「ハイドロキノンを使うと肌が白くなるの?」という質問に対する答えは、YESであり、NOでもあります。

まず人の地肌の色は生まれた時から決まっているので、もともと肌色が濃い人(例えば黒人の肌など)を無理に白くしようとした場合、肌全体に大きな負担がかかります。現状の美容医学では、肌色を均一に白くすることはできないのです。これは黄色人種である日本人についても、同様に言えることですね。

日本の美容界で使用される「美白」という表現は「シミやくすみなど肌トラブルのない、透き通るような美肌」を指します。その意味で、ハイドロキノンには高い期待を寄せても大丈夫!
以下のような効果が見込めるからです。

【序章|ハイドロキノンの驚くべき紫外線予防効果】

美白の敵・シミに対して、ハイドロキノンが発揮する予防改善効果を見ていきましょう。

まず肌の構成層のひとつであるメラノサイトが、紫外線により刺激されると、メラニンが過剰発生します。メラニン自体は紫外線から細胞核を守る働きをします。これは身体の防衛反応のひとつです。

しかしメラニンは、酸化酵素・チロシナーゼに反応し、黒色化するという特徴があります。これが肌のシミへと繋がっていくのです。

【本編|ハイドロキノンの驚くべき美白効果】

★ハイドロキノンはまず、メラニンを黒色化させる酸化酵素・チロシナーゼの働きを阻害します。
★またハイドロキノンには「すでにチロシナーゼと結びつき、黒色化しかかっているメラニンの色を薄くする」働きもあります。
★さらにハイドロキノンは、メラノサイトに働きかけ、メラニンの過剰発生を抑制します。

いかがですか?ハイドロキノンにはシミの予防効果だけでなく、改善効果もあるのです。
「肌トラブルの救世主」の名にふさわしい、美白パワーを持っていることがわかりますよね?

またハイドロキノンはシミだけでなく、ニキビや肝斑の治療改善にも採用されています。

副作用は大丈夫?

心配するオンナハイドロキノンは効果が非常に高い分、副作用の可能性にも留意しておく必要があります。

日本では薬事法による規制がかかる以前に、「ハイドロキノンベンジルエーテル」という商品が発売されていました。しかし使用した人に「白斑」が生じるというトラブルが多発したため、薬事法の規制対象成分となってしまったのです。

そもそもハイドロキノンベンジールは、ハイドロキノンと別の成分であり、より刺激が強くなっています。しかし穏やかなハイドロキノンとは言え、その効果は絶大ですから、濃度には注意する必要があります。

現在流通している美白化粧品のハイドロキノン配合濃度は、1~5%程度です。それより濃い配合は、許可されていません。4~5%と高濃度の商品を使用する際、肌に刺激を覚えることもあると、知っておきましょう。

【ハイドロキノンの副作用】
★使用中に赤み、炎症が出ることがある
★長期使用(1年以上)で白斑が生じることがある

上記のような副作用に悩まされないためにも、使用法には注意していきたいものです。

ハイドロキノンの正しい使用法

ハイドロキノンの使用で肌トラブルを起こさないために、以下の正しい使用法を守っていきましょう。

1.パッチテストを行う

ハイドロキノンは、それなりに刺激の強い成分です。自分自身に「ハイドロキノンアレルギー」がないかを調べてください。
顔への使用前に、腕などにハイドロキノン配合のクリームを塗り、上から絆創膏を貼りましょう。24時間経過後に、アレルギー反応が出ていなければ、OKです。

2.化粧水の後に使用

ハイドロキノン配合のクリームは、化粧水で肌を整えた後に塗布してください。
洗顔後すぐにつけると、効果が強く出過ぎてしまうことがあります。

3.ピンポイントで塗布

ハイドロキノン配合のクリームを、顔全体に塗布するのはおすすめできません。シミが気になる部分に、綿棒などを使用して、ピンポイントで塗布しましょう。
その方が、商品のコストパフォーマンス的にもおすすめですよ!

4.使用目安

ハイドロキノン配合のクリームを、1年以上に渡って塗布し続けると、その部分の肌が弱くなる可能性があります。シミに効果が感じられたら、使用をストップしてください。
またハイドロキノンは酸化しやすい成分です。長期間放置した後に、同じ商品の使用を再開するには向かないと、知っておきましょう。

5.紫外線対策を併用

ハイドロキノンは紫外線により増殖したメラニンを抑制したり、黒色化するのを防ぎます。しかし、ハイドロキノン自体が紫外線を浴びると、却ってシミを濃くしてしまうという特徴もあります。
ハイドロキノン配合クリームでシミケアをしている期間は、必ずUVケアも併用して行うよう、心がけてください。

ハイドロキノンが持つ、高い美白ポテンシャルを効果的に発揮させるためにも、上記の注意点はしっかり守るようにしてくださいね。

そばかす&産後の肝斑を改善してくれたハイドロキノン

実は、このサイトの管理人をしている私も、ハイドロキノンに救われた女性の一人なんです!

32歳にして、ママになった私。可愛い我が子との暮らしに幸せを感じる一方で、鏡で自分の顔を見るたびショックを受けていました…。

というのも、ある日気付いたら出産前よりそばかすが濃く見えるし、両頬には大量のシミのようなものが…。これが、いわゆる肝斑と知り「嘘でしょ~!?何とかしなきゃ!」と、緊急美白ケアを決意。
美白に効く成分をネットや美容雑誌で探して、ハイドロキノンにたどり着きました。

そこで、夜だけハイドロキノン美容液を使うように。1本使い切る頃には、そばかすの濃さも以前と同じぐらいまで薄くなったし、肝斑も目立たなくなってきました。

普段子どもを連れて公園で遊ぶことが多いのですが、新たなシミができていないのも、ハイドロキノンのおかげかも~って感激しています。私の場合は肝斑やそばかすがきっかけでしたが、シミ消しはもちろん、ニキビ跡にも効果があるようです。

もしこうした悩みをお持ちなら、毎日のスキンケアにハイドロキノン配合化粧品をプラスして、白く輝く肌を取り戻しましょう。

本カテゴリでは各ページで、ハイドロキノンが持つ美白効果の詳細を紹介していきます。ぜひ各ページに目を通し、その美白パワーについての知識を深めてください!

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング