美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » お肌の救世主!ハイドロキノンの効果 » 肝斑の改善

肝斑の改善

30~40代の女性特有の肌トラブルに、肝斑(かんぱん)があります。

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも呼ばれ、肝斑の治療にも有効です。「肝斑だと思うけれど、病院に行くほどでは…」と思っていた人は、ハイドロキノン配合の化粧品を試してみるのがオススメです。

そもそも、肝斑とシミの違いって?

肝斑とシミとの違い

皮膚にできる色素沈着という意味合いでは、肝斑もシミも同類かもしれません。でもシミの多くは紫外線が原因なのに対して、肝斑は女性ホルモンのバランスに深く関係があります

妊娠時やピルを服用した時などに発症してしまうケースが多く、閉経を迎える50代後半ぐらいになると肝斑が薄くなる人も少なくないようです。

見た目にも大きく違いがあり、シミは小さな斑点が様々な場所にできますが、肝斑のよくあるパターンは頬骨に沿って左右対象に広がるような感じです。

肝斑にハイドロキノンが効く理由

紫外線はお肌の大敵

上記で触れたように肝斑は体の内側に原因があるので、例えばシミ治療のようにレーザーで消せばOK、というわけにはいきません。

むしろ、レーザーを照射すると余計に濃くなると言われています。

一般的にクリニックで行われている肝斑の治療法は、内服薬と外用美白剤を使っていく方法です。

この時、外用薬として処方されることが多いのが、ハイドロキノン化粧品なのです。お肌の漂白剤と呼ばれる程のブリーチ作用で、広がった斑を薄くしながらメラニン色素の生成を抑制していきます。

ちなみに…。「肝斑は体の内側に原因があるから、紫外線はあまり気にしなくっても大丈夫だわ~」などと単純に考えるのはタブーです。肝斑が紫外線を浴びることでさらに濃くなってしまう可能性もありますので、毎日の紫外線ケアは怠らないようにしましょうね。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング