美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » ハイドロキノン化粧品選び3つのポイント » 理想的な濃度

理想的な濃度

美白に高い効果が期待できる、ハイドロキノン入り化粧品。

その配合濃度が高ければ高い程、効果も劇的だと言われています。でも、初心者がいきなり高濃度のものを使っても大丈夫なのでしょうか…?

安心して使える、理想的なハイドロキノンの配合濃度について、調べてみました。

市販品とドクター処方で濃度は違う

ハイドロキノン濃度10%以上は要注意

化粧品に配合できるハイドロキノンの濃度は、市販品と医師の処方によるものとで上限に違いがあります。市販のものでは4~5%が上限ですが、医師の診断に基づくものであれば10%とかなり高濃度なものも処方されています。

しかし、実際にインターネット上で10%のものが販売されていることもあります。通常ドクターが処方する場合でも10%は珍しいので、いきなりこれに手を出すのは副作用の心配が高く、かなりリスキーです。

配合濃度別に見る、ハイドロキノン化粧品の選び方

具体的なハイドロキノンの配合濃度別に、特徴をまとめてみました。

  • 1~3%配合
    初心者はまず、こうした低濃度のものから始めてみるのがおすすめ。このタイプなら副作用のリスクが少なく、顔全体やボディに使えるものもあります。
  • 4~5%配合
    市販品でもOKの濃度ですが、美容皮膚科などでもよく処方される濃度で、即効性により期待が持てます。その分肌への刺激も強いので、できてしまったシミなどにスポット的に使って、効果を感じられた時点で使用を控えるのが無難です。肌の弱い人は、医師に相談してから使うと良いでしょう。
  • 6%以上配合
    市販品の上限を越えています。必ず、医師の処方・指導のもとに使うようにしましょう。

個人的にハイドロキノン入りコスメを購入する場合は、配合濃度が1~3%のものを選ぶことがオススメです。もちろん、配合濃度が表記されていないような商品は避けるようにしましょうね。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング