美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 美白の大敵・紫外線!季節ごとの対策法まとめ » 秋の紫外線対策

秋の紫外線対策

このページでは、秋の紫外線対策についてまとめています。

秋の紫外線対策

長かった夏が終わり、過ごしやすい日が続く、秋。祝日も多いので、カレンダーは行楽の予定で埋まっている、という人も多いのでは?涼しくなり、外出機会の増える行楽シーズンもまた、紫外線への注意が必要です。油断せず、毎日の対策を怠らないようにしましょう。

【秋に紫外線対策を行わなければならない理由】

1.紫外線はまだまだ弱まっていない

日照時間の長い(=紫外線が降り注ぐ時間も長い)夏が終わっても、
紫外線がなくなったわけではありません。
その照射量は、春の時期とほとんど変わらないのです。

秋は屋外での行楽が楽しめるシーズン。
涼しくて行動しやすい分、気がつくと長時間日光に晒されているケースが増えやすいので、要注意です。

2.肌ダメージが表面化しやすい時期

秋の肌は、蓄積された夏のダメージで弱っています。
そこに秋の紫外線が降り注ぐと、他の季節以上にシミやくすみ、シワなどが表面化しやすくなります。

涼しくなっても安心せず、紫外線ケアを続けていく必要があります。

秋の紫外線対策案

それでは以下で、具体的な「秋の紫外線対策案」を見ていきましょう。

引き続き日焼け止めを

この時期も、日焼け止めの使用は休まないでください。ただし、秋ならではのアイテムにチェンジするのがおすすめです。夏のダメージが蓄積された肌に優しい、低刺激で保湿性の高い日焼け止めを使用するのが、秋の紫外線対策には有効です。

■日焼け止めの豆知識
日焼け止め商品選びの目安である「SPF」や「PA」値は、大きいものほど紫外線カット効果が高くなります。
しかし数値が高まる分、肌への負担も大きくなるので、要注意。
SPFは15~25のものを、PAは+~++のものを選び、こまめに塗り直すようにしてください。

晩夏からのスペシャルケアも続行

夏からスペシャルケアを取り入れている人は、引き続き秋にも行うようにしてください。

保湿はもちろん大切。さらに夏の紫外線の影響で、肌内部に過剰に生成されたメラニンの黒色化を抑制したり、新たな生成を抑えるための「美白ケア」が重要になります。

ハイドロキノンなど、有効な美白成分を含む基礎化粧品を使用し、弱った肌をいたわってあげましょう。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング