美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 美白の大敵・紫外線!季節ごとの対策法まとめ » 夏の紫外線対策

夏の紫外線対策

このページでは、夏の紫外線対策についてまとめています。

夏の紫外線対策

海に、山に!アウトドアの行楽が本格的なシーズンを迎える、夏。また気温が上昇しているため薄着が必然に…。肌の露出が増える分、紫外線ダメージの可能性は全身に広がっていきます。毎日の対策を怠らないようにしましょう。

【夏に紫外線対策を行わなければならない理由】

1.日照時間が最も長い季節

紫外線が最も強力な時期(5月)は過ぎているものの、夏季に突入した太陽は、
早朝から夕刻まで上空に居座っています。
その時間帯には、常に紫外線の脅威に晒されていると考えて、間違いはありません。
夏は1年で最も日照時間が長いので、やはり紫外線に気を付けなければならないシーズンです。

2.油断肌に忍び込む紫外線

気を張ってスキンケアをしている時期だからこそ、ちょっとした油断ですべてがムダになってしまうのは避けたいですよね。
洗濯物を干す、コンビニに買い物へ行くなど外出にも、夏は強力な紫外線が降り注いでいるため、短時間の日焼けが蓄積されてしまいがちです。

夏季には「念には念を入れた紫外線対策」が求められているのです。

夏の紫外線対策案

それでは以下で、具体的な「夏の紫外線対策案」を見ていきましょう。

日焼け止めを常備

この時期、日焼け止めの使用はマストです。

また、ラインナップも豊富に取り揃えておくのが、ベター。フェイス用とボディ用を使い分ける、日常用とは別に行楽シーン用の日焼け止めも用意する、一般的なクリーム/乳液タイプだけでなくスプレータイプの商品も携帯するなど、さまざまな工夫が必要になってきます。

■日焼け止めの豆知識
日焼け止め商品選びの目安である「SPF」や「PA」値は、大きいものほど紫外線カット効果が高くなります。
しかし数値が高まる分、肌への負担も大きくなるので、要注意。
SPFは15~25のものを、PAは+~++のものを選び、こまめに塗り直すようにしてください。

日差しが弱い日も抜かりなく

天気が崩れやすいのも夏の特徴ですが、曇りの日でも、紫外線は容赦なく降り注いでいます。屋外で太陽光を避け、日陰に逃げ込んだとしても、地表から反射する光によって紫外線を受けてしまいます。

もちろん、屋内でも油断は禁物。光老化を促進させるUV-Aは、窓ガラスなどものともせず肌に侵入してきます。必要以上の露出は避け、洋服や日傘などで極力太陽光を避けるようにしてください。

ダメージを考慮したスペシャルケアを

晩夏に差し掛かる8月下旬~9月の時期は、夏季に蓄積された肌ダメージがピークに達しています。

シミやくすみ、シワなどの発生リスクが高まっていますので、保湿に特化したアイテムで、スペシャルケアを。美白肌キープを積極的にサポートしてあげてください。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング