美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 美白の大敵・紫外線!季節ごとの対策法まとめ » 【番外編】紫外線の強い時間帯

【番外編】紫外線の強い時間帯

このページでは、時間帯で考える紫外線対策についてまとめています。

要注意な時間帯は?紫外線対策の必要知識

太陽が空にある限り、年間を通して地表に降り注いでくる紫外線。排出され続けるCO2の影響で、オゾン層ダメージが特に懸念される都会の場合は、紫外線対策がより重要になってきます。
しっかりとした対策を練るためにも、その照射が激しい時間帯について、知識を持っておく必要があるでしょう。

【時間帯で見る紫外線の傾向】※関東の7月のデータ

  • ソレイユ5~8時…弱い
  • 8~10時…強くなり始めている
  • 10~14時…非常に強い
  • 15~17時…弱まり始めている
  • 18時~…弱い

いかがでしょうか?午前から午後にかけての時間帯に、最も強く紫外線が降り注いでいることがわかりますね。紫外線が気になる季節は、なるべくこの時間帯の外出を避けるのが無難なようです。

室内にいても大きな窓ガラスのそばにいる場合は、室外と同様の注意が必要。常に紫外線対策を怠らないようにしましょう。

季節や天気で見る紫外線の照射量

時間帯以外にも、季節や天気により、紫外線の照射量にどの程度の変化があるのかは、知っておきたいところ。以下に一覧で紹介しますので、ぜひチェックを。

【季節で見る紫外線の強度】

  • 最も強い季節…5~8月
  • 中程度の季節…3~4月、9~10月
  • 弱い季節…11~2月

【天候で見る紫外線の強度】

  • 快晴…100%
  • 晴れ時々曇り…80~90%
  • 曇り…60%
  • 雨…30%

紫外線MAXのシーズンは、もう初夏から始まっています。GWの行楽では油断なきよう、しっかりUVケアを。また冬季でも紫外線がゼロになったわけではないので、引き続き対策は怠らないでください。

天候に関しても同様で、快晴や晴れ間の多い日に注意するのはもちろんですが、曇りや雨の日も紫外線がゼロになったわけではないと、肝に銘じておきましょう!

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング