美白になれるハイドロキノン化粧品、みつけました!

ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング  » 美白の大敵・紫外線!季節ごとの対策法まとめ » 冬の紫外線対策

冬の紫外線対策

このページでは、冬の紫外線対策についてまとめています。

冬の紫外線対策

1年を通して、太陽の光が最も弱まる冬。紫外線の脅威も必然的に弱まります。でも、油断は禁物。紫外線の影響がなくなったわけではないのです。

【冬に紫外線対策を行わなければならない理由】

1.紫外線はなくなっていない

冬だからといって、日光に紫外線が含まれなくなるわけではありません。
具体的には「冬の5分は、夏の1分に相当する」のだとか。油断はできませんね。

2.地域によっては特に注意が必要

紫外線自体は比較的弱めな冬ですが、太陽光が雪に反射することで、
その紫外線量は従来の2倍ほどに増幅します。

積雪の多い地域に暮らす人はもちろん、
スキーやスノーボードなどの行楽を楽しむ際は、充分に注意してください。

3.肌の乾燥にも警戒を

冬は肌が乾燥しやすくなります。
するとバリア機能が低下し、外的なストレスを受けやすくなります。

紫外線は弱まっていても、肌そのものが乾燥していると、
夏以上の影響を受けてしまう可能性があるのです。

冬でも油断せず、紫外線ケアを続けていく必要があります。

冬の紫外線対策案

それでは以下で、具体的な「冬の紫外線対策案」を見ていきましょう。

引き続き日焼け止めを

この時期も、日焼け止めの使用は続けたいもの。他の季節よりは効力を弱め、SPF10~20程度のアイテムに切り替えると良いでしょう。

ただしスキーなど、雪の照り返しが警戒されるレジャーの際には、夏季と同様、パワフルなレジャー用日焼け止めを使用してください。

■日焼け止めの豆知識
日焼け止め商品選びの目安である「SPF」や「PA」値は、大きいものほど紫外線カット効果が高くなります。
しかし数値が高まる分、肌への負担も大きくなるので、要注意。
SPFは15~25のものを、PAは+~++のものを選び、こまめに塗り直すようにしてください。

乾燥対策も忘れずに

空気の乾燥や、エアコンの風に晒されやすい冬季は、肌の保湿を充分に行う必要があります。

他の季節で使用している乳液・美容液でのケアだけでなく、クリームを最後のひと手間に加えるなど、より積極的に保湿を行っていきましょう。

この記事の関連のページ

口コミで人気のハイドロキノン美白化粧品、
おすすめランキングはこちら!

 
口コミで人気!ハイドロキノンの美白化粧品おすすめランキング